ストレス発散

早起きは三文の徳と言いますが、健康面でもまさにその通りだと思います。特に冬の深夜は深々と冷え込んで、ろくな考えは浮かびません。過去のことをくよくよと考えて眠れなくなっては、精神的ストレスを溜めこむだけです。ついには明け方近くになってやっと眠るようでは、眠りも浅く疲れがしっかり摂れないので、思考も鈍くなり、ろくな考えが浮かばないのです。そんな不健康な毎日を繰り返していると、うつ病になってしまいます。ここ数年の間に日本のうつ病患者は急増しているようです。長引く不景気で不安な毎日を過ごしていることが原因と考えられます。下園壮太 うつ病相談もいいでしょう。うつ病と言えば以前は、仕事で追い込まれた中年男性に多かったのですが、最近は就職できない若者や女性の間にも急増してきているようです。冬は寒いので家の中に閉じこもりがちですが、思い切って外に出てウォーキングなどの運動で体を動かしてストレス発散、気分転換をすることが重要です。運動で体が疲れたら、夜の寝つきも多少はよくなるでしょう。

うつ病治療法