頸椎ヘルニアと片頭痛

頸椎ヘルニアは首から腕にかけて痺れや痛みと言った症状をもたらす病気ですが、頸椎ヘルニアになると肩こりの症状と同様に頭痛も発生します。すなわち頸椎ヘルニアによって刺激された神経が頭の痛みの症状となってしまうのです。さらにこの頭痛は、緊張型頭痛で薬を処方される時には、筋緊張改善薬や抗不安薬、抗うつ薬などがあります。短期間の使用であれば市販の薬でもよいのですが、緊張型頭痛の場合、ほぼ毎日頭痛があるので長期間服用を続けていると薬物乱用頭痛を引き起こすこともあります。緊張型頭痛と片頭痛は見分けがつきにくく、緊張型頭痛と思いきや片頭痛だった何てことも少なくありません。片頭痛は、吐き気や光、音に過敏になるといったこともありますが、鈍い痛みがほぼ1日中続くような場合には、緊張型頭痛と判断しても良いようです。よく大勢の人までに出ると緊張して何もしゃべることができなくなるといったあがり症の人もこの緊張型頭痛の症状が見られるようです。誰でも多かれ少なかれ多少はあがり症的な要素を持ち合わせているものですが、会社の会議や異性の前だと全く会話も発言もできないといったような重度のあがり症は社会生活を行ううえで問題となるので、解決したいものです。あがり症は治るので頑張りましょう。

頸椎ヘルニア ストレッチ